口臭と歯の健康情報

口臭と歯の健康情報記事一覧

歯科衛生士が在宅での医療において必要とされるのは、まず最初に患者の口腔内を清潔な状態にすることです。口のなかが汚い状態のままだと、雑菌が繁殖している不衛生な歯のカスを飲み下す危険性があります。歯のカスなどを飲んでしまった場合などは内臓を通して口臭やクサい息の温床になります。今では医療の技術が著しく改善し、驚くことに針のない無針注射器のシリジェットや痛みの少ない各種レーザー治療器を採用することで、痛...

大きい歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)には、汚れた歯垢が集まりやすく、そこで溜まった際には、歯ブラシでの歯磨きのみ実施したのでは、すべて完全には除去できません。歯垢を完全に除去できないと後々に口臭対策できなくなるので、デンタルフロスや糸ようじを使うなどして普段からのケアが必要です!噛み締めると痛む入れ歯、ぴったりはまっていない入れ歯は、それが元でちゃんと咬めずにそのまま嚥下してしまうケースが、頻発...

分泌物である唾液は、口のなかのお掃除役とも考えられるほど大事なものですが、その唾液の量が減少するのであれば、口の臭いが悪化してしまうのは、自然なことだと認められています。口臭は他人に迷惑なので毎日気を付けましょう。歯を削って白くする働きをする研磨剤の入った歯みがき粉は、どちらかというと不要な用途ですが、歯が再び石灰化する事を促すのは良い作用となります。審美の方面でも仮歯は外せないポイントです。両方...

口中が乾燥するドライマウスは、ストレスのために発症してしまう人もよくあることなので、以後の時代には、忙しく働く男性にも発症する危険性はかなりあるのです。ストレス性のドライマウスは胃などの内臓系からくる口臭が発生する場合があるのでご注意ください。本来なら医師の数が多ければ、時間をかけて患者の診察をしてくれそうなイメージはありますが、むしろそういうところにはまるで流れ作業のように、患者さんに治療を行う...

口内炎の症状の重さや起こる所次第では、自然に舌が少し動くだけで、大変な痛みが発生してしまい、唾液を嚥下する事すら難しくなります。口内炎は大半の場合、内臓の不健康状態が原因であることが多いため口臭対策と共に早めの治療が必要になってきます。上顎と下顎の歯のかみあわせの異常のなかでも殊に前歯がよくぶつかり合う状況だと、歯を噛み合わせる度に強いショックが、上の顎骨の前の方や鼻骨に直接集まります。歯周組織復...

在宅医療において歯科衛生士が必要とされているのは、まず最初に口内を清掃して清潔にすることです。患者さんの口腔内が汚れている状態だと、細菌が繁殖した不衛生なカスをそのまま飲み下すかもしれません。そして口内が清掃されていれば口臭対策にもなりますね!いまや医療の技術開発が一気に進展し、無針注射器のシリジェットやデンタルレーザー治療器を利用することにより、大分痛みを抑えることのできる「無痛治療」という治療...

口の臭気をそのままにしておくことは、あなたの周囲の人への支障は当たり前のことですが、あなたの精神的な健康にも重いダメージになる可能性があるのです。口の臭気いわゆる口臭は社会生活を営む上で除去することはかなり重要であると言えます。保持は、美容歯科の手当を終え想像以上の出来映えだったとしても、不精せずにその後も継続しないと元の状態に退行します。いまや医療の技術が一気に飛躍し、驚くことに無針注射器や各種...

虫歯の元凶は、ミュータンス菌という名前の菌が起こす作用なのです。一旦口内に虫歯菌が付着してしまったら、それを完璧に除菌する事はことさら困難です。なので虫歯菌が増殖すると厄介ですし口臭を招く可能性が高くなります。気になる口中の匂いを放置するのは、第三者への迷惑は当然のこと、当の本人の精神的な健康にとっても深刻なキズになる心配があります。目下、虫歯がある人、あるいはかつて虫歯があった人、90%近くもの...

唾液という分泌物は、口の中の掃除屋さんとも考えられるほど大事な役目を果たしていますが、その分泌量が減少するのですから、口の臭いが出てくるのは、当然のことだと認識されています。唾液と聞くとクサそうなイメージですが分泌量が多い方が口臭は減っていきます。むし歯や歯周病などが痛み始めてから歯医者さんに駆け込むケースが、大多数だと思いますが、予防の目的でかかりつけのクリニックに通うのが本当は望ましい事です。...

口中に口内炎の発症する誘発事項は、ビタミンの不足がそれの一部なのは確かですが、それに必要なビタミン類は手軽なサプリメントや、医薬品扱いの服用薬としても広く販売されています。しかし、口内炎はご自身の健康状態により左右されるわけですから口臭予防も含めて普段の生活を見直すことが一番に求められます。人工の歯の脱着が可能だというのは、経年によって変化を見せる口腔内とアゴの健康状態に応じて、改善がやれるという...

あなたもご存知の通り口腔内の唾(つば)は、酸っぱそうなものや、美味しそうに見えるものを見ただけで自然に出てくるものですが、実はむし歯や歯茎の歯周病を防止するのに作用しているのが前述した唾(つば)です。唾(つば)の役割は非常に高く口臭対策にも一役買っています。審美歯科に於いては、外見のみでなしに、不正咬合や歯並びの修正をし、そうすることでもともと歯牙が持っている美しさを取り戻すことを追い求める治療の...

入れ歯という人工的なものに対して思い描くマイナスのイメージや良くない固定概念は、自分の歯牙で噛んだときの使用感と比べるがために、期せずして増大していってしまうと推し量ることができます。私達の歯牙の外面の硬質なエナメル質の真下の場所から、口腔環境を示す酸度が低くなりペーハー(PH)値が5.5から5.7より小さい値になると、リンやカルシウムなどが溶けてしまいます。カリソルブという医薬品は、結果から言...

恥ずかしい話ですが日本は歯の病気予防の後進国といわれており、欧米人に比べて、日本人の歯の生存期間が短縮し続けています。元から歯に限らず病気予防全般に取り組む認識が異なるのでしょう。もしもさし歯の根元が折れてしまったらそれを歯根破折と呼びますが、非常に残念なことに二度と使用できません。その、大半のケースでは、抜歯の治療をする事になるのです。インプラントの特徴は、異物感なく、食事も健全な歯の時と同じよ...

page top